みんなのいいね!

みんながいいね!と人気の流行りものを紹介!最新トレンドは当サイトをチェックしておけば間違いなし!

自動車保険見直しについて

自動車保険の補償の多様化

20年くらい前までは自動車保険はどこの会社で加入しても補償も保険料も同じものでした。それが1998年の自由化以降は各保険会社の補償・サービスが多様化し、非常に多くの補償やサービスが選択できるようになりました。人身に傷害を負った場合に補償される人身傷害補償や訴訟になった場合の弁護士費用を補償するもの、ロードサービスの提供、最近ではやさしい運転をする人には保険料の一部がキャッシュバックされるタイプのものまで、自動車保険では様々な補償が選べるようになりました。一方で、いろいろな補償をつけると保険料は当然、高くなるわけですから、自分に必要なものは何かをしっかりと見極めることが重要だと思います。カーライフに適した補償・サービスのに見極めをしっかりしていきましょう。

自動車保険のロードサービスについて

以前は、自動車保険は事故を補償するもの、だから車が故障した場合は保険では補償されないという状況でした。このため、以前は多くのドラーバーは保険とは別にJAFに代表されるロードサービスに加入していました。かくいう私も車を購入した際に年会費を支払いJAFに加入したものです。
そんなロードサービスがいつの頃からか自動車保険のサービスの1つとなり、今では保険会社から様々なサービスが当たり前のように提供されています。これも自動車保険が単なる保険からサービスへと変貌を遂げている結果と思われます。
そんなロードサービスですが、各保険会社から提供されている内容をよく見ると、保険会社によって差があることがわかります。例えば、レッカーサービスの場合には無料で牽引できる距離が異なったり、緊急対応時に30分以内は無料等の時間制限の有無の、キー紛失時に対応してもらえるかなどなど。ロードサービスの有無で自動車保険を選ぶ方もいると思いますが、保険会社によってその内容は異なりますので、吟味が必要です。

自動車保険選びは車両保険が最も大切

自動車保険各社の保証内容は、対人や対物、更には無免許事故などの点において、そのほとんどの保証内容や保証料が似通っている点が特徴です。自動車保険料の設定は会社ごとに完全に自由に決められるわけではありませんから、これはある意味では当然だと言える現象です。基本的な保証内容のみの比較であれば、実質的に代理店型とネット契約型の比較をするだけで良いでしょう。
ですが、自動車保険選択の際に、注意したい点の一つに車両保険が挙げられます。前述の基本保証と違って、車両保険の内容は各社でまるで対応が違うからです。
中でも特に重視しなければならない点が、年式による対象車両の範囲の違いです。ネット保険に顕著な特徴で、例えば、年式の新しい車両しか車両保険を適用できないとする企業もありますし、逆にあまりに高額な車両は車両保険の対象外とする企業も存在します。実際にいくつかの保険料試算サービスを比較すると実感する事が可能です。
その為、もし複数の車両を一社に任せる場合は注意が必要です。複数車両契約で割引を行う保険会社は多いですが、一部車両保険でカバーされない自動車があっては万全とは言えません。その為、自動車保険を比較する際は車両保険の適用範囲をしっかりと確認する事が大切だと言えます。

年間の走行距離が少なくなったら自動車保険の見直しを

自動車を運転している方で通勤などで年間の走行距離が多かったけど、定年退職などで通勤に乗らなくなり年間の走行距離が少なくなったと言う場合は自動車保険を見直しされると保険料が安くなることがあります。
それは自動車保険を取り扱う保険会社の中に年間走行距離に応じて保険料が変わる仕組みをご用意しているところがあるからです。自動車保険一括見積もりほけるん
自動車で多く走る方ほど事故のリスクが高まるため、年間走行距離が少ない方ほど保険料が割引に、年間走行距離が多い方ほど保険料が割増になります。
今加入している自動車保険の補償内容とほとんど変わらずに保険料が安くなる場合がありますので、お見積もりを取ってみると良いです。