みんなのいいね!

みんながいいね!と人気の流行りものを紹介!最新トレンドは当サイトをチェックしておけば間違いなし!

審査についての注意点

キャッシングの審査に関して

消費者金融の審査では、まず過去の利用の有無を審査した後は、信用情報の審査となります。貸金業法の改正があり、消費者金融は必ず融資の審査時に指定信用情報機関を照会しなければなりません。
信用情報には、氏名、生年月日、住所、自宅電話や勤務先、勤務先電話番号、そして現在の借り入れ件数、借入金額、契約年月日、最終返済日入金履歴などのかなり細かい情報が記載されています。
信用情報の審査では、まず申告年収に対する負債の額が年収の三分の一未満かを見ることになります。この時点で、年収の三分の一を超えている場合は審査に通過することは難しくなります。
また年収の三分の一未満だったとしても、貸付限度額が50万円を超える場合又は、他の貸金業者との貸し付けと合わせて100万円を超える場合は、原則収入証明書を取らなければなりません。

信用情報で事故情報があれば審査は通らない

信用情報の審査では、借入金額で年収の三分の一未満だったとしても、事故情報が登録されていれば、審査は通過しません。事故情報は多くの種類がありますが、一度事故情報が登録されれば、5年を超えない期間消えないことから、過去の情報だったとしても登録されている限り、キャッシング審査は通ることが困難となります。
ここまでの審査で、総量規制をクリアし、事故情報もなかった場合、今借りている返済が通常に行われているかを調べられます。
上記の信用情報の審査を全部クリアすると、「属性」の審査があり、申込人の居住年数、住居種別、勤務先・規模、勤続年数、年収、家族構成などの
審査になります。
属性審査もクリアすれば、最後は在籍確認の審査に入ります。在籍確認の電話が入ったことは、審査通過する可能性がかなり高い証拠とも言えましょう。一般にはこのような順序でキャッシングの審査は行われて、いるのが通常のようでしょう。

キャッシング・カードローンの与信審査では

キャッシング・カードローンの与信審査ではお申込みされたご本人の属性にスコアリングが付けられています。
このスコアリングの点数が良い人ほど信用力が高いと判断されます。
アルバイトで独身、賃貸、年収150万円、過去に延滞ありの人より、公務員、妻子持ち、本人名義の持ち家あり、年収500万円、延滞無しの人のほうが属性が高くなり信用力が高いと言うことです。
一般的に信用力が高い人はどういった人なのか考えると分かりやすいです。
もしこのスコアリングの点数が低いと審査に落ちたり、審査に合格しても希望のご利用限度額に沿えないことがあります。
その後に優良なご利用実績を積み重ねるとスコアリングの点数は上がって行きます。