みんなのいいね!

みんながいいね!と人気の流行りものを紹介!最新トレンドは当サイトをチェックしておけば間違いなし!

引越し梱包時のワンポイントアドバイス

引っ越しで梱包した時にどこに何をいれたかわからなくなってしまったりしませんか?そうならないようにいくつか工夫してみたことがあるのでご紹介したいと思います。

簡単にまとめて梱包する!

引き出しにしまってある小物類(文房具、化粧品など)はチラシなどにくるんでまとめて梱包。ケースに入れてあるものはケースごとチラシで包みます。次にくるんだチラシの上からには中身が何か書く。例えばくるんだチラシに’ボールペン’とか’カメラ’とか。
そしてダンボールへつめます。こうしておけばチラシがクッション材の代わりにもなしますし、転居先で荷ほどきをするときにすぐに元の状態でしまえます。

ダンボールにタイトルをつけナンバリングしていく。

ダンボールの外に簡単にタイトルをつけます。’机引き出し・上’など梱包したものの場所をかいてもよいですし、’バッグ’とかでもいいとおもいます。
同じタイトルのダンボールが出来た場合はナンバリングしていきます。’バッグ1’’バッグ2’とかです。次のポイントで役立ちます。

ちょっと手間をかけてメモをつくる。

梱包しながらそのダンボールに何をいれたか簡単に自分でわかる程度にメモをとっていきます。
たとえば’バッグ1’→白バッグ、黒バック、かごバッグ… ’バッグ2’→’ブランドバッグ’’リュック’という感じです。
こうすることによって転居先で必要なものを探す時にメモをみればすぐに探しものがどのダンボールにはいっているかがすぐわかります。
ナンバリングしたのはこのようにメモする際に必要だからです。

身の回りにあるものを梱包材に。

ポケットティッシュ、ウェットティッシュ、タオルなどやわらかいものは割れ物の間につめてダンボールに梱包するとクッション材の代わりになります。転居先でポケットティシュが必要な時は割れ物が入っているダンボールをあければでてきます!

とにかく引越しは忙しいので、覚えているつもりでもどこに何を入れたか忘れてしまいがちです。
物をなくしてしまったり、転居先でなかなか片付かないということがないよう実践してみて下さいね。